三島圭史

実績
  • 英国駐在経験
  • 海外上場企業の米国会計基準・国際会計基準の監査
  • 米国上場会社監査基準(PCAOB)の監査
  • グローバル企業の監査主任
  • 金融機関の監査主任

三島圭史/Keishi Mishima

役職:パートナー

資格
・公認会計士 ・税理士

経歴
1995年3月
県立奈良高校卒業
1999年3月
慶應義塾大学経済学部卒業
2003年10月
監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)広島事務所 入所
2010年6月
Deloitte LLC ロンドン事務所 派遣
2012年3月
監査法人トーマツ 大阪事務所 帰任
2019年11月
三島会計事務所開業(現任)
2021年2月
株式会社フェズ 社外監査役就任(現任)
2021年3月
有限責任開花監査法人パートナー就任(現任)
プロフィール

◆得意分野
グローバルに展開している企業のグループ監査をリードし、海外子会社・関係会社との連携や海外の監査人との協業をスムーズに行うことができる。リスクに向き合い、会社にとって価値のある品質の高い監査を提供できる。

◆仕事に対する思い
この20年間で会社を取り巻く環境は情報化やグローバル化が急激に進み、20年前とは大きく様変わりしています。その中で日本の会社も大きく変わったと思います。会計・監査も同じで、求められる価値や仕事の仕方が変わっていく中で、時代に即して柔軟に変わることを恐れてはいけないと考えます。

監査法人で監査をする以上、監査で価値を生み出し続ける法人であり続けたい。
そのためには、時代の変化のみならずクライアントである経営者や会社の従業員の皆さんと真正面から向き合い、会社が晒されているリスクや危険、その管理のために行うべきことを会計監査を通じてコミュニケーションをしていきたいと思っています。
これまで英語を使った仕事や金融・財務の世界を中心に仕事をしてきましたので、皆様にご提供できる道具や知識等のツールは持ち合わせていると思っていますが、クライアントに向き合い「言うべきことを言う」という客観性と、クライアントの弱点を指摘し、寄り添い指導する熱い気持ちを持ち続けたいと思っています。

海外拠点往査
アメリカ、英国、フランス、オランダ、ドイツ、ベルギー、中国、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア、メキシコなど